今すぐ5万借りたい!すぐ借りられるおすすめ消費者金融

今すぐ5万円借りたい!おすすめ消費者金融情報

今すぐ5万借りたいとき、どこで借りるのが一番良いのか。あなたにぴったりのおすすめ消費者金融をご案内
今すぐ5万借りたい > 5万円借りたいQ&A > 明日までに5万借りたい!本当に5万円というお金を借りるポイント

明日までに5万借りたい!本当に5万円というお金を借りるポイント

#
様々な理由で「今日中または明日中に現金を用意する必要がある」状況は起こり得ます。例えば、「翌日、急な飲み会が入った」「明日までに料金を支払わないと・・・」などです。

そんな時にどうしてもお金に余裕がないという場合、キャッシングなどを利用する方法があります。今ではほとんどの消費者金融・銀行が「即日融資」を行っており、審査の結果「融資可能」という判断になれば最短で当日中に貸し付けを受けることが出来ます。

そこで注意するポイントは「申し込みの時間」です。厳密には「契約した時間」と言うことになるのですが、融資決定の時間によっては当日中の借り入れが難しくなってしまいます。その理由は銀行の営業時間によるものです。

通常、銀行は15時を過ぎた振込は翌日分として処理されるため、当日15時以降に契約が締結された場合に、銀行振り込みによる借り入れを希望した場合は注意してください。

夕方や夜に申し込みを行った場合には、基本的には翌日以降の借り入れになることが多いです。しかし、最近では様々なサービスが提供されているため、業者によっては24時間即日融資可能なところもあります。

例えばアコムは審査受け受けが18時まで、プロミスは21時まで対応しています。特にプロミスは審査申込が完了していれば、24時間融資を受けることが可能です(ただし審査結果による)。しかし、全ての金融機関で振込を受け付けているわけではなく、三井住友銀行などの一部の金融機関を利用している場合に限られますので注意してください。

指定金融機関を利用できない場合は、審査により融資が決定した後に店舗にある専用ATMに行き、カードを発行することでその場で借り入れを行うことが出来ます。多少の手間はかかりますが、確実にその日に現金を手にするための方法としては有効です。


関連記事

年収が少ない・低年収でも5万借りたいけど借りられる?
5万円という金額は安いようで高い金額となることは意外に状況的に多いと思います。5万円が必要となる状況が「趣味」や「商品購入」のためであれば、基本的に余裕が出来るまでは我慢するのが最善なのです
他社借入中でもあと5万借りたい。借りられますか?
現在、すでにキャッシングなどを利用しており債務がある場合、更に追加の借り入れを行うためにはいくつかの方法があります。すでに取引を行っている契約の借り入れ可能枠に余裕がある場合は問題ありません
スマホで5万借りる方法があれば借りたい
スマホやPCなどを利用して「WEB完結」によってキャッシングを利用することが可能です。無人店舗の窓口や電話・郵送で行う申し込みと同様に、スマホを利用して24時間キャッシング
会社にバレずに5万借りたい!借りる方法はあるの?
5万円と言う少額でありながら、消費者金融を利用して融資を受ける場合は基本的に「在籍確認」が必要になります。どうしても会社にバレたくないという場合は注意が必要です。
新入社員でも5万借りたい。そんな時に借りれる所は?
新入社員がお金を必要とする状況は少なからずあります。「あと5万円あれば」と言った状況において取れる対策は、貯金や不要なものを売却するなどして現金を作るか、誰かに借りるしかありません。
専業主婦でも5万円お金を借りれる?
専業主婦の方が5万円を必要とする状況はいろいろと考えられます。例えば、少しだけ生活費が足りない、急な支払いで手持ちがない、その他にも女子会の費用であったり欲しいものがあったり・・・。
アルバイトでも5万借りたい!借りられる所はどこ?
ほとんどキャッシングにおいて「アルバイト・パート可」となっているため、それらの職業の方についてもキャッシングを利用することが出来ます。ただし、キャッシングを利用する為には審査を受けその結果により利用の可否が判断されます。
派遣社員でも5万借りたい!5万円借りられますか?
派遣社員という特性上、急に仕事がなくなってしまう状況も考えられます。そうなってしまえばそれまでの貯蓄を切り崩すなどして生活することになりますが、そんな時の生活費・再就職費用などを理由に「5万円必要」という状況もあります。
パート主婦でも今すぐ5万借りたい!借りられますか?
「共働きでないと生活が苦しい」という主婦の方もおり、アルバイト・パートと言えど家計に与える影響は多種多様です。
明日までに5万借りたい!本当に5万円というお金を借りるポイント
様々な理由で「今日中または明日中に現金を用意する必要がある」状況は起こり得ます。例えば、「翌日、急な飲み会が入った」「明日までに料金を支払わないと・・・」などです。